国産材の紹介(50音)

TOP国産材の紹介あ行 > アサダ(あさだ)


アサダ(あさだ)

フローリングに最も優秀な材とされる国産材のアサダ
アサダ

国産材のアサダは、ミノカブリ、ハネカワとも呼ばれるカバノキ科の落葉広葉樹。
北海道の日高・十勝地方に多く、本州、四国、九州は霧島山まで自生し、朝鮮南部、済州島、中国にも分布します。散孔材で、ほとんど大径木にはならず、高さも20mほどまでです。

辺心材の境界は明瞭で、辺材は褐色を帯びた白色、心材は紅褐色を呈します。肌目はやや精、木理はほぼ通直、木質は重硬、保存性は中程度で、ねじれが往々にして現れます。

割裂性は小さく、切削などの加工性・乾燥はやや困難な木材ですが、木肌は緻密で光沢があり、表面仕上がりは良好です。心材は、年月を重ねるほど美しく、光沢を増します。

建築用材としては床板、敷居など、そのほか家具材、器具材、建具材、船舶材、運動具、橇、木管、薪炭材などとして用いられ、特にフローリングには最も優秀な材であると言われます。

アサダは、細かい釘を打ち付ける作業を繰り返しても、釘抜けが起きない特別な性質があり、靴の木型に重用されます。

本州ではアサダを使用した製品に会うことは少ないですが、北海道では家具材として使用され馴染みのある木材です。木材の色や質感がよく似ているカンバの類と同様の用途に使われていますが、強度はマカンバ以上です。


国産材を知ろう
国産材の紹介(50音順)
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行