国産材の紹介(50音)

TOP国産材の紹介か行 > 唐松(からまつ・カラマツ)


唐松(からまつ・カラマツ)

日本の主要林業樹種である国産材の唐松は住宅建材としても重宝されます

唐松の林国産材の唐松は、日本の松類の中で唯一落葉するため「落葉松」とも呼ばれ、杉や桧に続く日本の主要林業樹種です。

天然分布は本州中部から北部で、富士山、日光、浅間山、八ヶ岳などの天然林でよく知られているため「富士松」と呼ばれることも。明治時代の中頃から北海道にも植栽されるようになり、主要な人口植栽樹となっています。
幹高は20~30m、高いものは50mほどにも成長します。

辺材は白色、心材は褐色で、木目は均質で、材に節が出ることが多く、脂壷(やにつぼ)といった傷が現れることもあります。

針葉樹のなかでは重硬で、耐久性、耐湿性に優れていますが、割れやすく、加工性は中庸です。仕上げ面は粗く、脂気が多いですが、年数を経るとこの樹脂が染み出して木肌が赤味がかり、風格のある美しさが醸し出されます。

美しい木目と鮮やかな節には、力強さと暖かみの両方のイメージが持たれ、いろいろなものに加工されます。用途としては、家屋の土台や梁、桁、フローリングなどの内装材、鉄道の枕木、屋根板、船舶などに使用され、タンニンを含んだ樹皮は染料に使われます。

無垢材を集成材に加工することで、たわみに対して一層強くなるため、住宅建材として重宝される国産材です。

写真出典:IPA「教育用画像素材集サイト」



国産材を知ろう
国産材の紹介(50音順)
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行